『プラダを着た悪魔』ネタバレあらすじと感想。最後はどうなる?

2006年の大ヒット映画『プラダを着た悪魔』。

ファッションに興味のないアンドレア(アン・ハサウェイ)は、ひょんなことから有名女性誌の編集部へ就職することに。

そこでファッション界の女帝編集長のミランダ(メリル・ストリープ)の無理難題に振り回されながらも、女性として、社会人として成長していくストーリーです。

オシャレなファッション、アン・ハサウェイのキュートさ、メリル・ストリープの圧巻の演技などなど、見どころ満載の一本。

『プラダを着た悪魔』あらすじ

ジャーナリスト志望でファッションには全く無頓着なアンドレア(アン・ハサウェイ)は、様々な出版社に応募するも、なかなか採用してもらえない日々。

やっと面接の連絡が来た出版社へ行くと、そこは有名女性ファッション誌「ランウェイ」の編集部でした。

あまりにも場違いなアンドレアに、第一アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)は追い返そうとしますが、編集長のミランダ(メリル・ストリープ)は、今までのアシスタントが長続きしなかったこともあり、頭は良いと自身を売り込むアンドレアを採用しました。

流行の服を着こなし、ピンヒールをコツコツ鳴らしながら歩くスタッフ達に交じって、ダサい服のまま働き始めたアンドレアは勤務初日から大失敗。

ミランダは毎日机の上にコートとカバンを投げつけ、次々に用事を言いつけますが、雑用ばかりでやりがいも感じられません。

ある日、理不尽に叱られたアンドレアは「頑張っているのに報われない」と、アートディレクターのナイジェルに涙ながらに愚痴をぶちまけます。そんなアンドレアにナイジェルは「甘ったれるな」と考え方を変えるように諭します。

改心したアンドレアは、まず見た目から変えるため、ナイジェルに頼んでコーディネートをしてもらいました。職場の女性たちと同じようにピンヒールを履いてハイブランドの服を着るようになり、周囲はその変わりように目を見張ります。仕事もテキパキと出来るようになり、パーティーでは憧れのライター、クリスチャンに出会い順風満帆です。

ある日、ミランダに呼ばれると、パリのコレクションにはエミリーではなく、アンドレアが同行するよう伝えられます。パリへ行くため無理なダイエットをしていたエミリーに後ろめたさを感じ、アンドレアは戸惑いますが、キャリアを考えると大きなチャンス。最後は自分で決めるように言われます。

翌日、出勤してきたミランダはコートとカバンをアンドレアの机ではなく、エミリーの机に投げました。ミランダから自分でパリ行きを伝えるように言われたアンドレアは、エミリーに電話をかけますが、電話中にエミリーが事故に遭い入院してしまいました。

更に、恋人や友人たちをおざなりにし、仲たがいをして疎遠になってしまいます。

『プラダを着た悪魔』結末ネタバレ

コレクションが始まると、アンドレアはパリにいました。夢のような時間を過ごし、ホテルに戻ると部屋には憔悴したミランダが。離婚することになり、自分はいいが娘たちが心配だと言います。

その様子を見たアンドレアはできることはないかと尋ねますが、ミランダの返事は一言、「仕事して」。

 

その夜、ナイジェルが有名コレクションのパートナーに就くことを報告に来ました。夢を叶えたナイジェルにアンドレアは心から祝福を述べ、ナイジェルは美しく成長したアンドレアを褒め称えました。

恋人と距離を置いていたアンドレアはパリでクリスチャンと過ごしますが、彼や出版社の会長が、ミランダを失脚させ、ミランダのライバルの編集長を抜擢しようとしていることを知ります。

ミランダを助けるため、そのことを伝えようとするアンドレア。しかし、ミランダは先にその情報を掴んでおり、ナイジェルが就くはずだったポストに、ライバルをつけることによって自身のポストを守りました。ナイジェルは仕方ないと笑いますが、無念の表情を浮かべます。

 

パーティーが終わり、車に乗ったミランダとアンドレア。

呆然としているアンドレアに、ミランダはナイジェルの件を話し始めます。

なぜあんな酷いことをするのかと尋ねると、「自分のために決断しなくては。あなたは私に似ている。エミリーに同じことをしたでしょう」と言うミランダ。

それを聞いたアンドレアは、車から降りるとそのままそこを離れます。いつものように携帯電話が鳴り響きますが、笑ってそれを噴水に投げ捨てました。

 

その後、恋人と和解したアンドレアはその足で新聞社の面接に向かいます。一年と経たずランウェイを辞めたことを、編集部に問い合わせたという面接官。アンドレアの顔は曇りますが、続いたのは意外な言葉でした。

「彼女は私の期待を最も裏切った。採用しないのは馬鹿だ」とミランダ本人からの回答があったとのこと。いい仕事をしてきたのだと認められ、無事合格することができました。

 

その帰り道に出版社のビルの前を通るアンドレア。偶然にもミランダが車に乗り込むところでした。

笑顔でうなずくアンドレア。いつものように仏頂面で車に乗り込むミランダ。

また地味な服に逆戻りするも、胸を張って歩いているアンドレアを見て、車内ではミランダが微笑んでいました。

『プラダを着た悪魔』ここに注目!

見どころは何といっても次々に出てくる素敵な衣装。今見てもオシャレなコーディネートや、ハイブランドの数々は見ているだけで心躍ります。

最初は「おばあちゃんのお古を着ている」と揶揄されていたアンドレアが、ハイブランドの服を着こなして美しくなるのも必見でした。

出演者も豪華です。アンドレア役のアン・ハサウェイは、「プリティ・プリンセス」で映画デビューしましたが、ティーン役から20代の働く女性役を演じられるしっかりとした成長を見せてくれました。

大女優メリル・ストリープは、絶対的女帝のミランダを見事に演じ切り、ゴールデングローブ賞を受賞。

また、今では主役を演じるまでになったエミリー・ブラントはこの時脇役ですが、嫌味だけどなぜか共感できるエミリー役を上手く演じています。

感想まとめ

本作は、アンドレアの成長がメインですが、他にも働く全ての女性がどこかしら共感できるストーリーでした。

アンドレアのように、やりたい仕事ではないけれど自分を合わせて成長していく。仕事はできるようになったし評価もしてもらえたけど、でも私がやりたいのはこんなことだっけ?と迷う姿。

エミリーのように努力しているのになかなか報われない姿。

ミランダのように、成功を手にしていても全てが上手くいっている訳ではない姿。

最後には三人とも自分の夢、信念のために再び歩き出します。明日からも頑張ろうと思える一本です。

 

タイトルとURLをコピーしました