映画『七つの会議』結末ネタバレ!評価と感想

池井戸潤のクライム・ノベルの最高傑作が原作の映画『七つの会議』。

テンポ良く展開するストーリーに、見事なまでの伏線回収。

そして最後に現れる黒幕とは?!

『七つの会議』あらすじ

日本を代表する大企業ゼノックスの子会社である、中堅電機メーカー東京建電で、必要最低限のノルマしか果たさない、営業一課係長の八角。

利益最優先の企業体質のなか、成績優秀なエリートの営業一課課長の坂戸は、絶対的権力者である営業部長の北川の覚えもめでたかった。

坂戸は、課のお荷物になっていた八角に厳しくあたりますが、それを受けた八角は、坂戸をパワハラ委員会に訴えます。

大方の社員が、坂戸優勢と見ていましたが、予想に反して坂戸は左遷されてしまいます。

坂戸の後任として配属されたのは、営業二課課長の原島。

営業一課の厳しいノルマを達成出来ず、北川の叱責を受けていた原島は、会議中に居眠りをする八角が、注意もなくスルーされていることに疑問を感じます。

そしてその矛盾や疑問の裏には、大きな秘密と企業の闇が隠されていました。

『七つの会議』結末ネタバレ

八角に対して訝しく思っていた原島と、営業一課の女性社員優衣は、八角について調べます。

すると八角が、かつては同期の北川と競い合うほどの、優秀なトップセールスマンだったことが分かります。

さらに坂戸が左遷されると同時に、坂戸が契約したトーメイテック社から、それ以前の下請け会社ねじ六へ、発注が変更されていました。

営業部のお金の使い方に目を光らせていた経理部は、明らかにコストアップになる契約変更だと、会議で八角を追求しようとしますが、北川も社長の宮野も問題にしませんでした。

反対に、八角を探っていた経理部課長代理と、カスタマー室長は、地方へ左遷されてしまいます。

なぜか守られ続ける八角に疑問を抱く原島と優衣は、トーメイテック社のネジが、強度不足であることを突き止めます。

事実を知った二人に、八角は事情を説明します。

ネジの強度データの改ざんをした坂戸を、パワハラという名目で異動させたこと。

契約を元に戻したことを追求した経理部課長代理と、ネジのクレームの多さから疑念を抱いたカスタマー室長も、同様に異動させたこと。

そして、社長の宮野と北川と八角は、秘密裡にリコールの準備をしていたこと。

そのネジは、旅客機や鉄道などにも使われているため、親会社のゼノックスにも影響が及ぶほどの大事件となります。

しかし宮野は、八角とのリコールの約束を守るつもりはなく、隠蔽を指示します。

裏切りを知った八角は、ゼノックスから出向していた副社長の村西に、この事実を暴露します。

村西は激怒して親会社に報告し、ゼノックスの代表取締役の徳山、常務取締役の梨田が出席する会議で、議題にされます。

宮野は、営業部がやったことで、自分は被害者だと主張します。

しかし坂戸にトーメイテック社を紹介したのは、北川であり、さらに北川に紹介したのは宮野でした。

八角は東京建電の隠蔽体質は、 20年前に遡ると訴えます。

ゼノックスの梨田が、営業部長として出向していた時に、部下として働いていた北川と八角は、強引な営業を強いられていました。

数値の改ざんを指示されたとき、北川は悩みながらもそれに従って出世していき、八角は会社に対する信頼を失ってしまいました。

そして、その改ざんによって成果を上げた梨田は、ゼノックスへ戻って、常務にまで上り詰めたのでした。

話を聞いていた徳山は、この件は自分が預かると言います。

八角と北川が会社に戻ると、ネジの偽装に関する書類や証拠が、全て回収されていました。

徳山もまた、徹底的に隠蔽を貫くつもりだったのです。

ガランとしたオフィスで、今まで隠蔽に加担する葛藤に耐えてきた北川は、悔し涙を流します。

そしてたった一つ残ったトーメイテック社のネジを、八角に託します。

八角は、ネジの強度偽装をメディアに告発しました。

これにより、国土交通省の立ち入り検査が入って、旅客機や列車が運行をストップするなど、大混乱が起こります。

宮野社長、梨田常務取締役は責任をとる形で失脚し、徳山は体面を保ちます。

北川は故郷へ帰って、バラ農園で働き始めます。

東京建電は村西が社長となり、残務整理のために、原島と八角が残りました。

『七つの会議』ここに注目!

各界から集まった”超”がつくほど豪華な出演者

TBSのドラマ『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『陸王』と続いてきた池井戸潤原作の映像化作品では、半ば恒例のようになっていますが、今作でも豪華すぎる出演者が、各界から集まっています。

主演の野村萬斎さんは狂言界の俊傑であり、北川役は歌舞伎役者の顔も持つ香川照之さん、その他にも歌舞伎役者の片岡愛之助さん、ミュージシャンの及川光博さん、世良公則さん、岡田浩暉さん、落語界から立川談春さんと春風亭昇太さん、お笑い界からはオリエンルタラジオの藤森慎吾さん。

そして俳優として大御所の北大路欣也さん、橋爪功さん、鹿賀丈史さん。

その他、多くのビッグネームがスポット的に出演されていますので、見逃してしまわない様、ご注意下さい。

最後まで気が抜けない展開

幾重にも張られた伏線を、終盤で見事に回収する、明快なストーリー展開です。

面白いのは、企業に立ち向かう個人という単純な構図ではなく、主人公八角でさえ怪しさを醸し出していて、正義のヒーロー然とはしていない点です。

そして八角に関わった人物がどんどん左遷されていく。

一体なぜ?という謎を追っているうちに、悪と思われる人物も二転三転していきます。

事件の黒幕かと思われた人物も、そこに至った経緯が明かされ、見え方が変化していきます。

事件が解決した後にまで見どころがあり、最後まで気が抜けません。

エンドロールに総括があります

エンドロールの部分は原作にはない映画オリジナルで、 背景にある日本の歴史文化から「不正はなくならない。」という八角の本音メッセージが語られます。

現実にも、神戸製鋼所や経産省、厚労省などの文書改竄が記憶に新しいですが、観客に考えさせる余地と余韻を残しています。

それから優衣の、その後のナレーションと映像が流れます。

事件が解決した後のエンドロールも、最後までご覧下さい。

『七つの会議』評価と感想

コンプライアンスが厳しく追及される昨今でも、不正や改ざんのニュースは多く、映画の内容も身近なものとして受け入れられることと思います。

全てを終わったところで、画面には「この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。」とクレジットされます。

他の映画やドラマでも、当たり前のように見る文言ですが、この作品にとっては強烈な皮肉にも受けとれてしまうから不思議です。

タイトルとURLをコピーしました