映画『翔んで埼玉』クレームや埼玉県民からの評価は?原作はある?

埼玉ディスりで公開前から話題になっていた本作。

原作は魔夜峰央の漫画です。原作が完結していないため、原作に沿った「伝説パート」と映画オリジナルの「現代パート」でストーリーが展開していきます。

一体どんな話になるのかと思いきや、抱腹絶倒間違いなしの埼玉県民のために作られた一本でした。

作品概要

【作品名】

翔んで埼玉

【公開日】

2019年2月22日

【原作・脚本・監督】

原作 魔夜峰央

監督 武内英樹

脚本 徳永友一

【主題歌】

はなわ「埼玉県のうた」

【キャスト】

壇ノ浦百美 二階堂ふみ

麻実麗 GACKT

阿久津翔 伊勢谷友介

壇ノ浦建造 中尾彬

壇ノ浦恵子 武田久美子

埼玉デューク 京本政樹

西園寺宗十郎 麿赤兒

おかよ 益若つばさ

下川信男 加藤諒

神奈川県知事 竹中直人

菅原好海 ブラザートム

菅原真紀 麻生久美子

菅原愛海 島崎遥香

映画『翔んで埼玉』あらすじ

熊谷市に住む菅原家は、娘の愛海(島崎遥香)の結納のために車で東京に向かっています。ださい埼玉を嫌っている愛海は結婚して東京に住めることに浮かれていますが、父の好海(ブラザートム)は、埼玉のどこが悪いと不機嫌です。そんな時カーラジオから都市伝説が聞こえてきました。

「その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれは酷い迫害を受けており、身を潜めて生きるしかなかったのです…」

埼玉県民は通行手形がないと東京に入ることができず、手形がないと強制送還されていました。この不自由から逃れるために埼玉県民たちは救世主を待ち望んでいたというセリフからラジオドラマが始まりました。

 

ある日、アメリカからの帰国子女、麻実麗(GACKT)が東京屈指の名門校 白鵬堂学院に転入してきます。容姿端麗で都会指数の高い彼に誰もが夢中に。

3年A組の女生徒たちが早速、麻実に学校についての説明を始めます。ここは都会指数によって組み分けされているとのこと。A組は赤坂や青山、BからD組までは中央区、新宿区、横浜、E組は田無、八王子、そしてZ組はもとは埼玉に住んでおり、今は東京に住んでいる人々で構成されているとのことでした。Z組は迫害されており、「埼玉なんて言ったら口が埼玉になる!」とまで言われていました。

麻実は生徒会長の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)に紹介されます。百美は男ですが少女の格好をしていました。麻実は百美によって校内を案内されている最中に、Z組の生徒に出会います。生徒の一人が腹痛で医務室に行こうとしていましたが、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」という百美に追い払われてしまいました。それを見た麻実は百美にわざと足を引っ掛けて転倒させます。

百美は青山の自宅で麻実を退学にするよう父に頼みますが、麻実家の御曹司を無下にはできないと父の建造(中尾彬)は断ります。母の恵子(武田久美子)も言葉添えしますが、建造は冷たくあしらいました。

麻実は自宅に戻ると、メイドのおかよ(益若つばさ)が、郵便物が届いていると渡します。ビデオメッセージが始まると、そこには西園寺宗十郎(麿赤兒)が映っていました。西園寺はアメリカから帰国した麻実を労い、埼玉開放のために都知事になるように告げます。麻実は実は埼玉県人であり、通行手形撤廃のために養子に出されていたのです。

怒りが収まらない百美は、麻実を潰すために全校集会を開きます。そこで東京の空気を嗅いでその場所を当てるという東京テイスティングを行いますが、麻実はそれもなんなくクリア。驚きのあまり倒れた百美を麻実は医務室に運び、更にキスをしました。百美は激しく動揺し、麻実のことが気になるようになります。

壇ノ浦家に来た麻実は、そこで執事の阿久津翔(伊勢谷友介)に出会います。阿久津は麻実を見て、すぐに「貴様埼玉だな?」と見破りました。阿久津は伝説の埼玉デュークの話をします。

遊園地に行った百美と麻実は、そこで埼玉警報に遭遇。なんと、おかよと彼女の息子が遊園地に来ており、埼玉警報が鳴ってしまったのです。おかよを庇った麻実も埼玉県人と疑われ、草加せんべいを踏むよう強要されました。しかし、どうしても草加せんべいを踏めなかった麻実はその場から逃走します。

百美は「麗が埼玉県人でもいい。ついていく!」と言い、二人は池袋に逃げ込みました。東京から埼玉への道は全て閉ざされているため、茨城経由で埼玉を目指すことになりました。なぜ千葉の松戸で降りて埼玉を目指さないのかと百美が問うと、千葉開放戦線のせいだと麻実は答えます。

千葉も埼玉と同じく通行手形を撤廃しようとしており、更に千葉開放戦線と埼玉開放戦線が古くから争っているため、捕まるとピーナッツを穴という穴に詰められ、九十九里浜で地引網をしなければならないというのです。しかしヌーの群れに鉄道を止められ、二人は大八車の荷台に乗って千葉を進むことに。しかし、その途中で千葉開放戦線の阿久津に捕らえられてしまいます。阿久津は千葉の通行手形撤廃のため、壇ノ浦家の執事をしていたのでした。

 

ラジオに聞き入っていた菅原家は、道を間違って千葉に入ってしまいました。引き返そうとした父の好海は、危ない車を見て悪態をつきます。そのせいで千葉出身の母真紀(麻生久美子)と喧嘩を始めてしまいます。愛海が仲裁して一家は再び走り始めます。

 

百美は東京へとパトカーで送還されかけますが、そこへ謎の集団が襲い掛かります。彼らは伝説の埼玉デューク(京本政樹)でした。

一行は春日部まで逃れました。そこで埼玉デュークは、歴代の東京都知事が闇通行手形を発行し、その金を金塊にして隠していると語ります。それを公表すれば通行手形制度を撤廃できると考え、百美は金塊を探すと言いますが、サイタマラリアに罹患して倒れてしまいます。埼玉には祈祷師しかいないため、埼玉デュークが百美を東京に連れていく事に。しかし、埼玉デュークは途中で何者かに暗殺されます。

埼玉デュークの死亡と、千葉開放戦線が攻め込んでくるとの情報が麻実のもとに届きました。更に埼玉デュークが麻実の実父だったということも判明し、麻実は埼玉開放戦線のトップとして立つことを決意。千葉を迎え撃つことにした埼玉でしたが、集まった各支部の代表たちはやる気がなく、内輪揉めまで始まります。勝てる訳ないという代表たちに、麻実は埼玉愛はないのかと語り掛けます。

「埼玉県人が何て呼ばれているか知っているか。ださいたま、くさいたま、うさんくさいたま、うるさいたま…」

そこへ白鵬堂学院のZ組にいた下川(加藤諒)が「くやしい!」と声をあげます。身内で争っている場合ではないということに気づいた代表たちは、一致団結し、千葉を迎え撃ちます。

流山の対岸同士で埼玉と千葉は対峙。双方の出身有名人を出し合って対決し、ついに正面衝突が始まりました。

映画『翔んで埼玉』ネタバレ

そのころ東京では、神奈川県知事(竹中直人)が建造にシュウマイを献上しています。埼玉デュークを暗殺したのは神奈川県知事でした。

 

埼玉と千葉の戦いが始まった頃、百美は建造のもとに現れます。サイタマラリアから回復した百美は、建造の部屋で見つけた地図をもとに群馬に金塊を探しに行っていたのです。

建造に不正を認めろと迫る百美。そこへ、埼玉と千葉の連合軍が都庁に向かって攻め込んできます。

百美は、建造が不正を握りつぶすことを予想して、埼玉と千葉の連合軍を攻め込ませ、メディアが注目しているところで真実を白日の下に晒す計画を立てていました。

やめてくれと懇願する建造をよそに、連合軍が都庁に到着したところで、百美は真実が書かれたビラをばらまきます。

がっくりとうなだれる建造に、百美は「ごめんなさい。お父さん」と声をかけます。

 

菅原家は結納の会場についていますが、ラジオが気になってまだ車から降りられません。

 

連行される建造の前に、阿久津と埼玉デュークが現れます。東京の指示で神奈川により埼玉デュークが襲われたことに気づき、千葉と共闘することを決めていたのです。そこへ百美も加わり、通行手形撤廃のため万全の策を講じたのでした。

父を見送る百美に麻実が近寄ります。「君のおかげだ」という麻実。二人は唇を重ねます。

 

大団円を迎え、感動に涙する好海と真紀。結納に遅れるのが気が気でない愛海は急いで車を降りますが、駐車場には、婚約者の春翔(成田凌)が。彼の家族も同じラジオを聞いていたのです。

「春日部に家を建てよう!」という春翔の言葉に、愛海はショックを受けて倒れてしまいます。

 

これでめでたしめでたしかと思いきや、埼玉デュークは百美にファイルを手渡しました。ファイルを開いてみると通行手形撤廃は序章に過ぎず、日本を埼玉化する計画が記されていました。日本埼玉化計画は着々と進み、今や埼玉発祥のチェーン店は全国へと広がり、更に全国住みたい街ランキングに埼玉がランクインするほどに。今や日本人はどこにいても埼玉と触れ合っているのです。

「これが埼玉の革命の物語でした。この続きはまたどこかで」とのセリフでラジオは終わります。

伝説のはずですが、そのラジオを放送していたのは、麻実と百美でした。

 

数年後。埼玉県人が次々と地下の隠れ家に入っていきます。そこには麻実と百美の姿が。群衆の中には菅原一家の姿もあります。

群衆を前にした麻実たちは埼玉ポーズをとります。そして過去の悲劇を繰り返さず、埼玉の良さを広めていくための世界埼玉化計画を発表します。万雷の拍手が沸き起こり、埼玉化計画の機運は高まっていくのでした。

埼玉県民からのクレームは?!

猛烈に埼玉をディスっている本作。しかし、公開日には埼玉新聞が特別号を配布したり、埼玉県知事を表敬訪問が許されたりと歓迎ムードだったようです。監督もクレームがこないかドキドキしていたそうですが、特に届いていないとのことでした。

埼玉県民からの評価は?

埼玉県民の皆さんからの評価も大好評なようです。

・埼玉県民にしかわからない小ネタが映っている。

・全部本当のこと。

・埼玉県民でよかった。

などの反応が見られました。埼玉をここまでフューチャーした映画もないので、むしろ埼玉のアピールになっているのかもしれません。

原作はあるの?

原作は魔夜峰央の漫画です。

しかし、漫画自体は未完のまま。魔夜先生もこれ以上は書けないとおっしゃっているそうです。

原作が完結するのを見たいような、これはこれで完成しているような気がしますね。

まとめ

観る前は、埼玉ディスり?どんな内容?ということもあり正直期待していなかったのですが、観始めるとあまりにぶっ飛んだ設定が面白く、何度も声を出して笑ってしまいました。豪華な俳優陣たちが真剣にコメディを演じているので、演技力も相まって面白さが倍増しています。

百美役の二階堂さんは少し声を低くして演じてらっしゃいますが、違和感がなくてすごい女優さんだなと改めて感心。予告編にも出てきた埼玉と千葉がお互いの地元の有名人で競い合うシーンはかなり面白かったです。お互いに「嫌いじゃない」「強い」と言い合っているところがまた笑いを誘いました。

観ようか迷っている方にも是非観ていただきたいですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました