『トイ・ストーリー3』あらすじとネタバレ!評価や感想

今や不朽の名作の仲間入りを果たしたトイ・ストーリーは、本作でシリーズ3作目になります。

大人も子供も魅了するディズニー作品ですが、今作は大人の目線を意識したストーリーかもしれません。

大人になったアンディがついにおもちゃから卒業してしまう!

ウッディやバズ達が大好きなアンディが出した答えとは・・・⁉

あらすじからネタバレまで、ご紹介していきます。

『トイ・ストーリー3』概要

【作品名】

トイ・ストーリー3

原題 Toy Story3

【公開日】
アメリカ 2010年6月18日

日本  2010年7月10日

【監督・脚本・原案】
監督 リー・アンクリッチ
脚本 マイケル・アートン
原案 ジョン・ラセター 他

【主題歌】
ランディ・ニューマン 『You’ve Got a Friend in Me』

日本語版

ダイヤモンド☆ユカイ 『君はともだち』

【キャスト】
ウッディ - トム・ハンクス
バズ・ライトイヤー - ティム・アレン
ボニー - エミリー・ハーン
ロッツォ・ハグベア - ネッド・ビーティ
ジェシー - ジョーン・キューザック

『トイ・ストーリー3』あらすじ

アンディが17歳になり、遊んでもらうことが無くなったおもちゃ達は、捨てられるのではと日々怯えて暮らしていました。

そんな中アンディが大学の寮に入ることになり、荷物の仕分けを始めるとその不安が一気に爆発します。

アンディはウッディだけを引越しの荷物にしまい、あとのおもちゃは黒いビニール袋へ…。

しかし、それは屋根裏で保管するつもりでした。

母親に寄付か売ることを勧められアンディでしたが、今でも大切に思うおもちゃ達を手放す気にはなれなかったのです。

アンディの気持ちを知らないおもちゃ達は落胆し、追い打ちのように母親の手違いでゴミに出されてしまいました。

ゴミ収集車から命からがら逃げのびたおもちゃ達は、ウッディの説得に耳を傾けず寄付行きのダンボールに入り込み、そのまま託児所へと運ばれます。

説得を諦めないウッディも付いてきましたが、そこはおもちゃ達にとって夢のような場所で、ウッディ以外はすぐに心を奪われてしまいました。

「アンディのおもちゃなんだから、屋根裏に居るべきだ!」

ウッディは必死に訴えますが、そのアンディに捨てられたと思い込んでいるおもちゃ達には、気持ちが届きません。

そこへ託児所のおもちゃ達のリーダー的存在である、ロッツォ・ハグベアが歓迎の出迎えにやって来ました。

優し気なロッツォに後押しされて、おもちゃ達は新たな生活を決めアンディとウッディに別れを告げます。

親友のバズにも理解を得られなかったウッディは、トボトボと1人でアンディの元へ帰るのでした。

一方で、子供と遊べることに大喜びのおもちゃ達でしたが、それには大誤算があり…。

『トイ・ストーリー3』結末ネタバレ

バズ達を待ち受けていたのは、ろくに遊び方も知らない年少組の子供達でした。

かじる、投げる、叩きつける、落書きをする、とても遊ぶとは言えない状況でしたが、窓から見えた隣りの部屋ではちゃんと遊ばれていたのです。

おままごとや人形劇など、アンディと遊んでいた頃と同じ風景がそこにはありました。

しかし、そこのおもちゃ達は言わば古株の大御所。

これがロッツォの優しい顔に隠された企みだったのです。

年少組にいては一週間で壊れて捨てられてしまう、なのでバズ達のような新入りは捨て駒として使い自分達の安全を保つ。

反乱を起こされない為にロッツォがおもちゃ達を支配している、「サニーサイド保育園」は夢の場所とは大違いのおそろしい場所でした。

その事実を知ったウッディは急いで助けに戻りますが、バズがロッツォの味方に付いているという非常事態に陥り、救出はおろか脱出でさえも難航します。

しかし、屋根裏行きの真実を知ったおもちゃ達は再び団結します。

何故かスペイン語を喋りだしたバズを連れて、アンディの元まであと一歩のところに来ました。

持ち主の元へ帰ることを許さないロッツォ。

執拗な妨害を繰り返されながら、命懸けで切り抜け最後は帰ることができました。

ウッディはバズ達と共に屋根裏に残ることを決め、みんなで一緒にダンボールに入ります。

いつかまた、遊んでもらえることを祈りながら…。

ですが、行先は屋根裏ではなくボニーという女の子の家でした。

アンディは自分の思い出のおもちゃをボニーに託したのです。

そしてウッディも、ボニーを受け入れたのでした。

『トイ・ストーリー3』ここに注目!

シリーズ3作目にして飽きの来ないストーリー展開と、アンディの決断に注目です。

17歳になり手に取ることが無くなったおもちゃですが、アンディは整理の仕方についてとても悩んでいました。

それは大人になっても変わらない、おもちゃ達への愛情だと思います。

最後に自らの手でボニーへ託した想いと願いは、きっとおもちゃ達の幸せではないでしょうか。

そして出した答えが、大切なおもちゃがこれからも子供に遊んでもらえることでした。

人間の前では決して動いたり喋ったりしないおもちゃに、人間の友達と同じように抱いていた気持ちがひしひしと伝わってきます。

おもちゃ達のドタバタ劇も変わらず面白かったです。

大人が笑えるシュールさと、大人になってからわかるセンチメンタルな描写にご注目下さい。

『トイ・ストーリー3』評価と感想

シリーズ作品はストーリーのマンネリ化が懸念されますが、それを全く感じませんでした。

お決まりのドタバタ劇も楽しめましたし、大人の涙腺をくすぐるウッディ達おもちゃの気持ちは変わらず純粋なものでした。

アンディにはいつまでも子供でいて欲しかった…ずっとウッディと一緒に居て欲しかったです。

だけど、これからはボニーが引き継いでくれるのなら、その方が良いのでしょう。

アンディがウッディやおもちゃ達から卒業していく、それは悲しいことばかりではないのかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました