映画『蜜蜂と遠雷』あらすじ(ネタバレ)と感想

映画化不可能と言われていた傑作が遂に実写映画化!

史上初の快挙となる直木賞本屋大賞W受賞をした作家、恩田陸が原作で映画化不可能とまで言われていた作品を石川慶監督が実写映画化に挑み2019年10月に満を持して放映された作品です。

主演は松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士の今大注目の人気俳優が勢揃いしています。

若き4人の天才たちがぶつかり合い、それぞれが苦悩の上に自分自身の音を見つけコンクールで競い合います。

『私はまだ、音楽の神様に愛されているのだろうか?』

その答えを見つけ出すために4人の天才はピアノとそして音と向き合い続けるのです。

音楽をやっていた方も、そうでない方も是非一度ご覧になってみてください。

『蜜蜂と遠雷』あらすじ

「ここを制したものは世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」といわれる程注目を浴びている芳ヶ江国際ピアノコンクールに、同じ時期に若き4人の天才ピアニストが集まります。

かつて天才ピアノ少女と言われていた英伝亜夜(松岡茉優)は母親の死が原因でピアノが弾けなくなってしまい、7年間ピアノから離れた人生を送っていました。

しかし、周囲の人からの説得もあり7年ぶりに再起してピアノコンクールに参加することを決意するのです。

そのコンクールにはたくさんのピアニストの中にも天才と呼ばれる人物が他に3人もいました。

高島明石(松坂桃李)は「生活者の音楽」を掲げ、サラリーマンとして勤務しながら今回が年齢制限ギリギリの最後のコンクールとして参加し、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)は以前亜夜と共にピアノを学んでおり今回のコンクールの大本命として参加します。

風間塵(鈴鹿央士)だけが異色の経歴を持ったピアニストであり、養蜂家の家系に育ちピアノが自宅になく正規の音楽教育を受けていないにも関わらず、今は亡き『ピアノの神』であるホフマンにその才能を見出され彼からの推薦状を持ってコンクールに参加します。

それぞれにコンクール出場に対する思いがあり、4人の天才の技術と思いがぶつかり合い刺激し合い成長していく4人のその先にはどんな運命が待っているのでしょうか。

『蜜蜂と遠雷』結末ネタバレ

コンクールの本選にはマサル、亜夜、塵の三名が進みました。

明石は残念ながら第三次予選で脱落しましたが、彼は奨励賞と『春と修羅』という曲を弾いたコンテスタントの中で最も素晴らしい演奏をしたものに贈られる「菱沼賞」を受賞して、その喜びと音楽家として生きていける確信を得るのでした。

本選ではオーケストラの伴奏の中、ピアノの演奏をして審査されます。

演奏の順番は初日にマサル、二日目に塵、最後が亜夜の順で演奏していきます。

それぞれがぶつかり合い、互いに刺激し合って成長してきたこのコンクールでそれぞれの思いを最後のステージにぶつける三人は審査員の全員が唸る程の演奏でした。

そしてコンクールの結果はマサルが一位、亜夜が二位、塵が三位という結果になりました。

すべてが終わった後に、塵は一人耳を澄ませます。

そして彼は気付いたのです。

世界はこんなにも音楽に満ち溢れている事に。

彼は自分が今まで育った、世界を祝福する音の聞こえる場所に帰らなければならないと思い一人駆け出していきます。

彼の一つ一つの動きが音であり、音楽が世界を駆けていくようでした。

4人の天才ピアニスト達はここで得た経験を大切にして、それぞれの未来に向かって進んでいきます。

『蜜蜂と遠雷』ここに注目!

蜜蜂と遠雷と言えばここが見どころ!という場面をご紹介させていただきます。

それは圧倒的な迫力のコンテストでの4人の演奏シーンになります。

4人の天才達はそれぞれに思いを抱きながら演奏をしているのですが、映画の序盤の演奏シーンは自分自身と葛藤しながら演奏していて、とても綺麗に演奏しようとしているような印象でした。

しかし、物語が進むにつれて塵の天才的な才能に刺激を受け他の3人が成長していき、ピアニストとして覚醒していきます。

その覚醒後の演奏は観る人すべてを魅了するような情緒豊かな演奏に変化していくのです。

時に激しく、時に儚く演奏する様は映画化不可能と言われた作品を完全に再現しているようでした。

それぞれの物語もとても魅力的でおすすめではありますが、なによりも見どころなのは音楽を題材としている作品でこれだけの迫力ある演奏シーンは他では見ることが出来ません。

圧巻という言葉に尽きますので、是非ご覧ください。

『蜜蜂と遠雷』評価と感想

蜜蜂と遠雷は当初映画化不可能と言われた作品でした。

原作の作者である恩田陸曰く「そもそも、この小説は絶対に小説でなければできないことをやろうと決心して書き始めたもの」とインタビューでも言っており、なんとも無謀な事をするもんだと内心あきれていたらしいのです。

小説でしか表現できない世界観であったり、読み手に委ねるイメージなどの部分を映像化することによってまったく違うものになってしまう事も多々あります。

しかし、実際に実写映画化を果たし多くの観客を沸かせました。

何よりも、映像によって五感を刺激されるような感覚があり感動したという評価が高い作品です。

作中で演奏されている『春と修羅』という楽曲はこの作品の為に藤倉大が作曲した楽曲で、映画の世界観ともマッチしています。

ピアノをやっていた方も、そうでない方も目でも耳でも世界観に浸り楽しめる映画でした。

まだ観たことのない方は是非ご覧になってみてください。

世界を祝福する音が聞こえるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました