映画『宮本から君へ』あらすじ(ネタバレ)と感想

暑苦しくも切ない生き様を描いた”極限の人間賛歌エンターテイメント!
幅広い世代に人気を博した新井英樹が手掛けたコミックが遂に映画化しました。
主演に池松壮亮、ヒロイン役には蒼井優を迎え、真利子哲也監督のもと映画化をした『宮本から君へ』ですが主演以外にも錚々たる俳優がキャスティングされており、迫真の演技で観るものを作品の世界観へと誘ってくれます。
大人になってからこれほど情熱的になれたことはあるだろうか。
諦めずに立ち向かっていく程の熱い気持ちを忘れてしまってはいないだろうか。
スクリーン越しに伝わる熱量を是非一度は体感してもらえたらと思いますので、『宮本から君へ』のあらすじや見どころを紹介していきます。

『宮本から君へ』あらすじ

「マルキタ」という文具メーカーで営業マンとして働く宮本浩(池松壮亮)は人一倍正義感があるが、とても不器用で人にお世辞も言えず笑顔もうまく作れずで営業成績も下位でした。

会社の先輩である神保(松山ケンイチ)の仕事仲間である中野靖子親しくなり恋に落ちていき、やがて自宅に食事に誘われる仲になっていきました。

しかし、靖子の自宅で夕食を食べている時に靖子の元彼氏である裕二(井浦新)が現れます。

ヒモ体質である裕二との腐れ縁のような関係を今すぐにでも断ち切りたくて宮本と既に体の関係を持っていると言うと、裕二は堪らず靖子に掴みかかろうとしますが宮本が裕二の前に立ち塞がり「この女は俺が守る」と言い放ちその場から裕二を追い返します。

その出来事がきっかけで心が結ばれた宮本と靖子は充実した幸せな時間を過ごすのでした。

しかし、その幸せな時間はある事件がきっかけで突如音もなく崩れ去っていくのでした。

『宮本から君へ』結末ネタバレ

取引先の部長の息子である真淵拓馬に暴行されてしまった靖子は、その時泥酔していて全く気付かなかった宮本とも距離を取り拒絶をしてしまいます。

事の顛末を知った宮本は怒りに任せてかなり体格差がある拓馬に食って掛かりますが、あっさりと返り討ちにされてしまいこの一件以来、宮本と靖子の間に大きな溝が出来てしまいます。

靖子は頼れる人がおらず元カレである裕二に連絡を取りすべてを話します。

実は靖子は妊娠をしており、その子供の父親が裕二なのか宮本なのか拓馬なのかわからないということを正直に話しました。

その事を知った宮本は、すべてを承知の上で靖子に結婚を申し込みますがあっさりと断られてしまいます。

それでも靖子の事を諦めきれない宮本は、この事態の元凶である拓馬との再戦を決意し挑み、見事勝利をもぎ取ります。この事をきっかけに「俺という男の凄さ」に宮本は気付いたのです。

そして靖子の元へ行き、「俺の人生はバラ色で、この凄い俺が靖子も子供もまとめて幸せにしてやる!」と叫び、靖子を抱きしめるのです。

しばらくして、出産を終えた靖子と子供の為に強く叫び続ける宮本の姿がありました。

『宮本から君へ』ここに注目!

この作品のキャッチコピーでもある『負けてたまるか』という言葉が、まさに映画のシーンで描かれているのがこの作品の見どころになります。

自分が守ると決めた靖子を拓馬にレイプされてしまい、その時に泥酔していてまったく気付けない宮本が怒りに任せて最初に拓馬に挑みますが、体格差もありあっさりと負けてしまいました。

しかし、一度負けても諦めずに宮本はまた戦いを挑むのです。

そして苦戦を強いられながらも見事拓馬との勝負に勝ち、その気持ちを靖子にもぶつけて彼女を抱きしめます。

その不屈の精神が観ている人の心に熱く訴えかけてくるものがあり、原作でも描かれていた宮本の暑苦しい程の情熱を表現しています。

人は諦めなければいつか願いは叶うと言わんばかりのストーリー展開で、観ている人の心に火を灯すような映画になっていました。

こんなにも熱い映画になっていますので、まだご覧になったことの無い方は是非一度観ていただきたいです。

この映画を観終わった後にはもしかしたら一度は諦めてしまった何かに挑戦したくなるかもしれません。

『宮本から君へ』まとめ感想

こんなにも暑苦しくて情熱的で、いい意味で人間臭い作品はなかなかないのかなと思いました。

主演俳優達の演技のぶつかり合いがスクリーン越しでも伝わってくるような感覚があり、演技で物語を色づけていきます。

ヒロイン役の蒼井優も撮影3日目でヘトヘトになり、今までの映画撮影の中で一番疲弊して消耗したとインタビューでは語っています。

あの蒼井優にそこまで言わせる程の演技を超えた、俳優陣の感情のぶつかり合いがこの映画では感じることができました。

原作を知っている方はもちろんですが、まったく原作を知らない人でも楽しめるような作品になっていますので、少しでも気になったら是非ご覧になっていただきたいです。

宮本の暑苦しくも切ない生き様を描いた極限の人間賛歌エンターテイメントは究極の愛の物語へ昇華されます!

タイトルとURLをコピーしました